文部科学省に対して、過敏症の子どもたちのために学校環境の改善を求める要望書に賛同してください (締め切り2019年6月10日)

Please Approve the Request to improve an Environment in school for EHS&MCS Children against the ministry of education, culture, Sports, Science and TECHNOLOGY, by 10 May,2019

*Please scroll down to read the request in English.

 

電磁波過敏症(ES)と化学物質過敏症(CS)を発症した中学生の男の子がいます。中学校で使われる電子・電気機器から発生する電磁波の影響で、学校で学ぶことが困難になっています。現在通っている中学校では、先生や友人が自宅に来て、学習の補助などを行なってくれていますが、普通高校への進学は困難です。

 

通信制高校への進学を検討していますが、症状が発生するため交通機関や自動車を利用できません。電磁波に反応するためインターネットやテレビ、ラジオでの学習は困難で、化学物質の影響で試験会場やスクーリングの教室に入ることも難しいのです。

 

このような子供たちは全国にいます。この中学生の一家(小林さん)は、文部科学省に対し、過敏症の子どもが学べるよう対策を求めています。この要望に賛同していただける団体・個人は、6月8日までにご連絡ください。

 

よろしくお願いします。

 

加藤やすこ

環境ジャーナリスト

いのち環境ネットワーク代表

 

 

                   要望

 

 

 

1.小学校、中学校、高等学校、大学で、ESやCSのため学校での就学が困難となっている児童生徒、学生などが何人存在しているのか、実態調査等がされておりましたらその結果等をお知らせください。

また、実態調査がなされていないのであれば、早急に調査を実施しその実態を把握し公表してください。

2.ESやCSの子どもたちに対して、学校が行うべき対応などについて文部科学省がこれまでに出された指導・通知等についてご提供ください。

また、今後指導・通知等を出される予定がありましたらその情報等についてもご提供ください。

3.ESやCSの症状が軽く、学校や教員、教育委員会等の配慮により通学が可能となっている事例について、その学校や教員、教育委員会等が行っている配慮の具体な内容について文部科学省として把握されておりましたらその内容、情報をご提供ください。

4.ESやCSが重症のため、自宅での学習を余儀なくされている子どもたちに対して、学校や教育委員会が行っている具体な対策などについて文部科学省として把握されておりましたらその内容、情報をご提供ください。

5.通信制高校におけるスクーリング及び試験については、一定程度の回数・時間などを学校・教室での学習や実施が必須とされていると思いますが、ESやCSの子どもたちは学校・教室での学習等が困難であり、単位の取得ができません。そもそも入学試験や面接なども困難となり入学も困難となります。教員の訪問による学習や自宅での試験、スクーリングの実施など、その代替となる方法などがありましたらご教示ください。

また、スクーリング等の実施について代替となる方法がないのであれば、障害者差別解消法の考え方などにもとづき、そのしくみなどについて、来年予定しています長男の高校進学に間に合うよう早急に検討し整備していただくようお願いします。その対策の内容、結果などについてもお知らせいただくよう重ねてお願いします。

なお、スクーリング等の実施について適切に実施していないケースも生じているとお聞きしていますが、ESやCSをはじめスクーリング等の実施が困難な子どもに対しては医師による診断書や意見書などの提示を必須とするなどにより対象となる子どもを制限するなどにより悪用されないようなしくみも必要だと考えます。

 

                                 小林幸治、暁子、悠汰

  

ダウンロード
文科省要望書.pdf
PDFファイル 109.3 KB

There is one junior high school boy who developed Electromagnetic Hypersensitivity(EHS) and Multiple Chemical sensitivity(MCS). It is difficult to learn in the school for him, due to radiated EMF from the electronic/electrical equipment in school. His teachers and friends come to his home, and helps his study now. But it is very difficult that he go to high school.

 

So, he is considering to go to a correspondence high school. But, he can’t use any public transportation and family car, due to his symptoms. He can’t learn via internet and radio which makes him ill. It is very difficult to enter in the classroom for an examination and a schooling, due to chemicals.

 

There are many children like him in Japan. His parents, Mr. & Mrs. Kobayashi, and their son will request the measurement and improvement in school to the Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology. Please let me know your name and country, if you approve this request, by 8,June, 2019.

 

Thank you 

 

Yasuko Kato

Journalist, director of Life-Environmental Network

 

 

 

The requests 


1
Please let us know the results of a fact-finding survey on the number of elementary, junior high, senior high, and university students who are unable to attend school due to EHS or MCS, if the Ministry have conducted it.

In addition, if a fact-finding survey has not been conducted, please conduct the survey as soon as possible and inform to public.


2
Please provide the guidance and notifications on the measures that schools should take for EHS and MCS children that have been issued by the Ministry.
In addition, if there are plans to issue guidance and notifications in the future, please provide such information.

  

3Please provide the details and information on specific details of the case where the symptoms of EHS or MCS are mild and it is possible to commute to school due to the consideration given by schools, teachers, boards of education, etc., if the Ministry is aware of them.

 

4Please provide the content and information of specific measures taken by schools and boards of education for children with severe EHS and MCS who are forced to study at home, If the Ministry is aware of them.

 

 

 

5As for schooling and examinations in the correspondence high schools, it is essential to study and implement a certain number of times and hours in schools and classrooms. However, EHS and MCS children are not able to obtain the credits to graduate due to difficulties in learning in schools and classrooms. At first, an entrance examinations and an interviews become difficult, then an entrance is also difficult. Please let me know if there is an alternative method such as visiting a teacher to learn, taking an examination at home, or conducting a schooling.
In addition, if there is no alternative method for the implementation of schooling, please consider and prepare the system as soon as possible based on the Discrimination Act for Persons with Disabilities. Because, my eldest son will be going to high school on next year. Please also inform us of the details and results of these measures.
I have heard that there are some cases in which the implementation of schooling is not properly implemented.It is also necessary to create a system to prevent misuse, such as requiring the medical certificates and written opinions by doctors for children, including EHS and MCS.

 

                                      Kouji, Akiko and Yuta Kobayashi

メモ: * は入力必須項目です