電磁波の健康影響に関する最新の研究と各国の動向

ダウンロード
第5階パリ・アピールで電磁波問題について決議
2015年5月、ベルギー王立医学アカデミーで電磁波過敏症(EHS)と化学物質過敏症(MCS)をテーマにした国際会議が開かれました。EHSとMCSが健康や社会的個人的生活に深刻な影響を与えていること、診断基準や治療法を早急に確立する必要があることが決議されました。
第5回パリ・アピール.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 171.1 KB
ダウンロード
オーストリア医師会が電磁波による健康問題の診断ガイドラインを発表
電磁波による健康問題が世界的に注目されています。オーストリア医師会は、今年3月、診断と治療のためのガイドラインを発表しました。
症状が現れる時間や場所、被曝状況などを考慮すること、電磁場測定の重要性、患者の血液検査の項目など、具体的に示しています。
診断基準というほど厳密に規定されているわけではありませんが、診療の目安としてこのようなガイドラインが策定された意義は大きいといえます。
AG-EMF ガイドライン訳.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 307.0 KB
ダウンロード
電磁波過敏症のアンケート調査結果
国内の電磁波過敏症のアンケート調査をまとめた論文です。日本臨床環境医学会が発行する「臨床環境医学」で掲載され、同学会のご厚意でHPに掲載させていただきました。
総説_加藤.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 1.2 MB
ダウンロード
イランで基地局周辺の疫学調査を実施
イランでも携帯電話基地局周辺で健康被害が確認され、住宅地の300m以内に基地局を建てないよう求める論文が発表されました。
Shahbazi-Gahrouei2013訳2.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 182.0 KB
ダウンロード
電磁波問題に予防原則適用を求める欧州環境庁(EEA)の報告書
2013年1月23日、EEAが報告書「早期警告からの遅すぎる教訓(Late lessons)from early warnings )」を発表し、携帯電話など無線通信で使われる電磁波にも予防原則を適用するよう求めました。
関連記事 http://www.kinyobi.co.jp/kinyobinews/?tag=%E6%AC%A7%E5%B7%9E%E7%92%B0%E5%A2%83%E5%BA%81
LL2.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 565.7 KB
ダウンロード
著名な研究者グループも規制の厳格化を求める報告書を発表
2013年1月7日、バイオイニシアティブ・ワーキング・グループが、報告書の増補改訂版を発表。2007年の勧告値(0.1μW/㎠)よりも更に低い、0.0003〜0.0006μW/㎠という厳しい値を勧告しました。日本の総務省の電波防護指針では、2GHz に対して1000μW/㎠まで認められています。
バイオ2012要約.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 763.7 KB
ダウンロード
WHO 国際がん研究機関(IARC)プレスリリース
IARCは、携帯電話電磁波に発がん性の可能性があると認めました。
IARC208.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 104.7 KB
ダウンロード
オーストラリア行政裁判所が、電磁波による健康被害を認定
オーストラリアでは,携帯電話やパソコンの使用を職場で強要され,電磁波過敏症や偏頭痛が悪化したという研究職の男性の訴えを認める判決が出ています。
AATA2013.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 448.7 KB
ダウンロード
欧州評議会が電磁波削減策を勧告
2011年5月27日の欧州評議会議員会議は、電磁波過敏症発症者のために電磁波の無いエリアをつくること、学校には有線LANを設置することなどを盛り込んだ勧告案を賛成多数で採択し、加盟国に勧告しました。
欧州評議会採択文書.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 155.1 KB
ダウンロード
アメリカ国立建築科学研究所が電磁波・化学物質対策のガイドラインを策定
アメリカ政府の建築・交通バリアコンプライアンス委員会(通称アクセス委員会)は、電磁波過敏症と化学物質過敏症はアメリカ障害者法(ADA)の下で、障害として認められるという公式文書を発表しています。この委員会の支援を受けて、アメリカ国立建築科学研究所は、電磁波過敏症や化学物質過敏症を発症した人が、安全に建物を利用できるよう、ガイドラインを策定しました。電磁波発生源の抑制や化学物質の排除などを盛り込んでいます。
IEQ.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 199.0 KB